ベートーヴェン / ツィメルマン (サントリーホール)

【ベートーヴェンピアノソナタ/クリスチャン・ツィメルマン】

 

本当は自分の誕生日に迎えるはずだったコンサート。

 

今日は午後2時に法事が終わり、特急列車で東京に向かうも、

大幅な遅れということで、家に寄って着替える暇もなくサントリーに直行。

コンサートに行く服装ではなかったけれど、何とか5分前に到着。

 

開演のチャイムが鳴った後、トイレの中で、

いつもの「録音禁止」のアナウンスの後に、

「クラウディオ・アバドに捧げます・・・。」とのメッセージ。

えぇぇアバド亡くなったの???

とビックリして急いで席へ。


[スポンサーリンク]








昨年10月のルツェルンのコンサートはキャンセルになってしまいましたが、

事情は分からずにいたところ、突然亡くなってしまうとは。

ご冥福をお祈りいたします。

 

演奏会の方は、今回31番がとても素晴らしかったです。

すみだでも30番と31番は素晴らしかったけれど、

今回は力強くて熱がこもっていて、別の曲のように聴こえました。

自分の聴き方のせいなのか、演奏を変えているのかもう分からないw

心の中で、キャー カッコいい を連発してました(*^_^*)

 

カーテンコールも、照明がついた後まで拍手が続いていました。

 

 


 

853 :名無しの笛の踊り:2014/01/20(月) 20:00:02.20 ID:82A4dRuu

ツィメルマン自身も客席も今日の31番に満足そうだけど
以前はもっとはるかによい感動的な31番をツィメ自身の手から聴けたことを思うと
ただただ残念だ

854 :名無しの笛の踊り:2014/01/20(月) 20:01:51.08 ID:xtKiRbTz

Oh, really? I’m very sorry to hear that.

865 :名無しの笛の踊り:2014/01/20(月) 21:42:21.62 ID:LF8rGNF4

友人がサントリーに聴きに行ったけど、
友人は今夜のツィメルマンには感動したと言ってました。

867 :名無しの笛の踊り:2014/01/20(月) 22:01:06.65 ID:82A4dRuu

32番は30,31よりは技術的にかなり良くなった特に左手の明晰さがだいぶ上がった
これはいい音楽が聴けた
ただ大勢にならって立ち上がって拍手するほどではなかった
前回ドビュッシーやったときほどの圧倒的な感銘には遠く及ばない

868 :名無しの笛の踊り:2014/01/20(月) 22:04:38.86 ID:qEU/o4Nk

え?
前回のドビュッシーって、凄く批判されてたじゃん。

869 :名無しの笛の踊り:2014/01/20(月) 22:08:58.72 ID:GL3O8tS6

今夜サントリー、行った人には一生記憶に残る演奏会になったろうな。

870 :名無しの笛の踊り:2014/01/20(月) 22:25:25.34 ID:JOgqmWHn

おい、ちょっと早すぎないか?

871 :名無しの笛の踊り:2014/01/20(月) 22:26:39.60 ID:OQSxajlx

俺も前半相当不満
弱音はよしとしても、強音錯綜した部分でクリアに鳴りきらない、ごちゃついたら無理やり押し切るみたいな
ツィメに対してこういう不満を覚えたのは初めて
30、31、32全体としては、衰えたとはいえポリーニのほうがよかった
弾いた後のパフォーマンス見ても本人は今日はいろいろ期するところあったろうと察するが…

872 :名無しの笛の踊り:2014/01/20(月) 22:28:14.59 ID:zi2XnSFv

>>868
そうかな?
個人的にはあのドビュッシーはよかったと思う。

875 :名無しの笛の踊り:2014/01/20(月) 23:09:25.06 ID:hrLZxB23

まさか爪様のコンサートでアバドの訃報を知るとは思わなかった
ご冥福をお祈りします

880 :名無しの笛の踊り:2014/01/21(火) 00:14:53.27 ID:WMDrSKF2

サントリー
31番よかった。横浜で聞いた時よりも感動的だった。
32番はすごく速くて、怒濤の演奏って感じだった。

>>875
自分も同じく
ご冥福をお祈りいたします

———————————twitterより———————————-

ツィメルマンが奏でるベートーヴェン。満席のサントリーホールは、鳴り止まない拍手とブラボーの声で包まれました!

◆ツィメルマン氏のベートーヴェン・リサイタル、特に31番が印象深かったです。今日の演奏を聴き、一人のピアニストというよりも一人の本物のアーティストといったテイストがどんどん強くなってきているように思いました。素敵な夜でした。

 今夜は、サントリーホールにツィメルマンのベートーヴェン後期3大ソナタ。その演奏会は、「アバドに捧げます」という言葉で始まった。… http://fb.me/Uxis1OY0 

ツィメルマン@サントリー。本人の冒頭のメッセージにあったように、今日亡くなったアバド追悼の気持ちも多分に演奏に反映していたことでしょう。ツィメルマンが東京でアバドの訃報を聞いて、その夜に私たちは特別な思いの込められた演奏を聴く。不思議な縁というか、演奏って本当に一期一会だな。

◆ツィメルマン終演。後半の32番はちょっと言葉が見つからないくらい感動的な演奏だった。魂を鷲掴みにされるとは、まさにこんな演奏だと思う。ライブのツィメルマンはいつも凄いけど今夜は特別だったはず。第二楽章の長く切ないトリルを聴きながら、私は心の中で偉大なアバドさんを見送った。

◆アバドが80歳で20日に逝去。サントリーホールのツィメルマンの演奏会でこの演奏をアバドの思い出に捧げるとのアナウンス。曲(ベートーベンの最後の3大ソナタ)が終わるごとにツィメルマンは涙を拭った。

◆ツィメルマン@サントリー。もうもう凄かったですわ。今回のツアー、これまで3回聴いてきて、公演ごとに段階的に良くなっている印象でしたが、今回は全く次元が違いました。まさにbeyond words。聴けて、あの場にいられて本当に幸せ。これだから、コンサート通いはやめられない。

◆今日のツィメルマンのリサイタルは、急逝したアバドとの思い出に捧げられたものでした…染み入るベートーヴェン…。

◆演奏前に代読されたメッセージで今夜の演奏をアバドとの思い出に捧げると流れると一瞬客席がざわめいた気がしたが すぐに水を打ったように静かになった。あんなにしんと静まり返った客席は久方ぶり。誰もがツィメルマンの登場を固唾を飲んで待っていました。

◆ツィメルマンの音色の引き出しの多さにも驚かされた。古典とロマン派の見事な融合。ツィメルマンはロマン派音色をそのまま持ち込まない。

 


>>クリスチャン・ツィメルマン チケットぴあ 発売情報
icon


 

【関連記事】

【音楽鑑賞】ベートーヴェン/ツィメルマン(フィリアホール)

【音楽鑑賞】ベートーヴェン/ツィメルマン(武蔵野市民文化会館)

【音楽鑑賞】ベートーヴェン/ツィメルマン(すみだトリフォニー)

【音楽鑑賞】ベートーヴェン/ツィメルマン(所沢ミューズ・アークホール)

【音楽鑑賞】ベートーヴェン/ツィメルマン(横浜みなとみらいホール)

【音楽鑑賞】ベートーヴェン/ツィメルマン(アクロス福岡)

 


[スポンサーリンク]





☆ヨーロッパの音楽祭ツアー♪国内コンサート鑑賞・クラシックチケット情報・クラシック&グルメ「ヨーロッパ音楽の旅.com」☆

(このページを見た人は 1人です, 本日は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です