マウリッツィオ・ポリーニ 現代音楽を語る (サントリー・ブルーローズ)

マウリッツィオ・ポリーニ氏は2010年の秋に、

第22回高松宮殿下記念世界文化賞 PRAEMIUM IMPERIALE を受賞し、

10月13日 東京・元赤坂・明治記念館にて授賞式が行われました。

 

ちょうど、カジモトで友の会に会員登録した直後だったのですが、

ポリーニ氏の現代音楽を語る講演会の無料招待券が当たったので、

行ってきました♪


[スポンサーリンク]








平日の昼間だというのに、みんな会社を休んで来たのか(‐^▽^‐)

追っかけ暦40年の大学教授?さんとか来ていて、すごい気合いが入ってました^^

周りの人たちが真剣にメモをしていたのが印象的でした。

音楽関係の講師や学生さんなんですかね。

隣は新聞か雑誌の記者らしき風体でしたが^^

 

講演会は、1時間の予定のところが、ポリ爺様は時計を気にしながらも30分延長。

ピアノが置いてあるので、何か演奏してくれるのかと思ったら、

現代音楽の特徴である中間音の具体例として説明しながらちょろっと弾いてくれました。

 

日本人の耳では、

1度聞いただけではメロディーが思い出せない、あの感じです。

 

ピアノに向かっている姿はやっぱりカッコええわp(^-^)q

帰りに思わず図書館で10枚CDを借りてきてしまいました。

 

肝心のリサイタルの方は、考え中。

毎年秋は大物が大挙して押しかけてくるので、お金が足りない(/TДT)/


>>マウリツィオ・ポリーニの公演情報を見る
icon


[スポンサーリンク]





☆ヨーロッパの音楽祭ツアー♪国内コンサート鑑賞・クラシックチケット情報・クラシック&グルメ「ヨーロッパ音楽の旅.com」☆

(このページを見た人は 1人です, 本日は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です