戦争レクイエム / N響 & シャルル・デュトワ (NHKホール)

今日は、N響&デュトワの「戦争レクイエム」に行ってきました♪

【NHK交響楽団 第1689回定期公演】

 

指揮:シャルル・デュトワ

【プログラム】

ブリテン 戦争レクイエム

ソプラノ:タチャーナ・パヴロフスカヤ

テノール:ジョン・マーク・エンズリー

バス  :ゲルト・グロホウスキ

合唱  :東京混声合唱団

NHK東京児童合唱団


[スポンサーリンク]








 

デュトワさんのプログラムは結構マイナーな大作が多いので、

ちゃんと生で見てみたくて前の方の席を奮発(σ゚∀゚)σ

 

でも、前の方過ぎて・・・

NHKホールは舞台が高い位置にあるから、

オーケストラはチェロ軍団しか見えませんでした(T_T)

 

どおりで、売れ残っているはず^^

音も、頭の上を通り過ぎていく感じで、

レクイエムだけに、途中何度も意識を失った・・・(-_-)zzz

 

それでも、男女100人くらいの合唱団と、児童合唱団等、迫力は十分でした♪

子どもたちは、カーテンコールで出てきたけれど、

初めは姿が見えずに子供合唱団の声は録音?と思ってしまった。

教会だと、2階のバルコニーで歌うところなんだけど、

バルコニーはないので舞台そでで歌ってたようです。

 

今回は、1曲で1時間30分オーバーだったので、

途中休憩なし。

N響の定期公演は平均年齢が高い会場だけに、何度も注意を呼びかけていた。

 

デュトワさん本人は、

とっくに70歳を過ぎているのに、

ピョンピョンハネっぱなしで、

やっぱり指揮者はタフだね~。

 

ソロの歌手の人たちもとても良かった。

特に左右の人。

 

ソプラノの人は、淡い紫と金の桜の刺繍がしてある

振袖風ドレスを着ていて、素敵だった。

 

歌詞が英語というのもクラシックでは珍しいが

(英国人作曲家なので当たり前なんだけど)

Rは巻き舌で古典風?に歌っているので、

違和感なし。

 

家に帰ってきてから、復習用に聴くのもまた楽しみ。

原宿駅に向かうと、

表参道のイルミネーションがきれいだったわぁ♪

 

見るの何年ぶりだろう?

ケイタイもカメラも持っていかなかったので、

撮影できず残念。

 

おなかが空いたので、

九州じゃんがらラーメンに久しぶりに寄ってみた♪

 

「こぼんしゃん全部入り」 ¥1100

 

前に酔っ払った後に食べた時は感動したけど、

今日は何かイマイチだったよ。残念。

角煮の味付けがもっと甘辛い方が好みだったかも。


 

>>NHK交響楽団の公演

icon

【関連記事】

N響定期演奏会


[スポンサーリンク]





☆ヨーロッパの音楽祭ツアー♪国内コンサート鑑賞・クラシックチケット情報・クラシック&グルメ「ヨーロッパ音楽の旅.com」☆

(このページを見た人は 1人です, 本日は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です